« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

二ヶ月遅れの花

023 ポツリポツリと咲いていたルッコラの花が
沢山咲き出した
まだ固い蕾が頭を持ち上げ始めた物が
ずらりと並んでいる
花が咲くともう終わり・・・暫く楽しませて
貰った
時期をずらして撒いた株が今度は
楽しめる

017毎年暮から咲き始め お正月には満開に
なっているデンドロビュームが今年は
やっと咲き始めた
しかも花芽が少ない?

010 管理は何も変わらず 昨年と違う所は
植え替えた事だけ
植え替えは例年3年に一度程度
古くなった根を取りミズゴケを取り替える
環境の変化をいち早く感じているのだろうか?

019今日は朝から雨模様 お昼近くには霙まじり
外は寒そうです
昨日のジャコウアゲハの蛹の様子
くすんだ色をしているように見えるが
写真に撮ってみると実に瑞々しい
さていつ頃変化が現れるのか? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

ツマグロヨコバエは成虫越冬!?

037 昨日歩いた散策路でツマグロヨコバエを
見つけた
つぶらな瞳をキラリとさせて 何処からか
飛んできたようだ!
稲などに付く夏の虫・・すっかりそう思い込んで
いたけれど?
ツマグロヨコバエは成虫越冬するのだろうか
ネットで見る限り成虫越冬の言葉は見つからなかった

044 シデの仲間か? かなり芽がふっくらしてきていた

045 キジョランの種が沢山落ちていた
僅かな風にでも運ばれるように 細い毛が
まるで束ねられたように見えた
この種の入っていた鞘を見つけようと
気を付けて見たが見つからなかった
その代わりにアサギマダラの幼虫を三頭見つけたので
良しとしなくては・・・

001 遅ればせながらおみやげの”塩味饅頭”
いつも実家に帰ると買ってくる赤穂の塩を
使った少し塩味のするお饅頭
いつの間にかデザインが変わっていた
味は変わらないと思うのだけれど
写真だけ撮って私は食べなかったので
分からない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

アサギマダラの幼虫

035 高尾に行ってみた
昨日に比べると確かに気温は低いが
日差しは暖かかった
河津桜も3分咲き・・・
青空には猛禽が二羽 悠然と弧を描いて
飛び コジュケイが雛を連れて斜面を
チョコチョコ上がっていった
日陰の斜面ではコジュケイも保護色になって
撮影できなかった!

005 暖かくなった為か 鳥撮りの人が今日は
数人見られたが皆さん目的の鳥が居ないようだった
「何か居ましたか?」とすれ違いながら聞かれた
「ウソが鳴いている」と言われたが
ウソの鳴き声には聞こえなかった
何しろ一昨日ウソと対面してきたばかりなので
聞き間違えるはずは無かった
鳥は不作だったがネコヤナギが外套を脱ぎ捨てて
膨らんでいた

042 滅多に蕗の薹を見ない
3時間歩いた中でたった一つ
そう云えば昨日土筆が出ているとニュースで
言っていたが全く見つからなかった

025 まだキジョランにとっては寒いのか 葉をくるりと丸めて
いた
大きな穴が開いていたので 裏返してみると
アサギマダラの幼虫が綺麗な色をしていた
夏はしっかり葉を広げているキジョランの葉も
しなしなとしていた
アサギマダラの幼虫は初めて見つけました
昨年は余り成虫を見なかったが今年は
期待できそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

春一番!

048 今日は異常な暖かさ
河津桜も大慌てで咲き出した!!!
築地でジャコを買ってきてオリーブオイルで
じっくりゆっくり炒ってカリカリじゃこを作って
瓶に入れて保存しておきサラダにパスタに
重宝している
今日は風も強いし お出掛けはしないで
ニンニクを同じようにカリカリニンニクにしながら
外の強風の音を聞いて「春一番みたい」等と
思っていたらお昼のニュースでまさに春一番だと
報じていた
これから強風の日は吹き上げられた土ぼこりに
悩ませられる

001茅葺屋根・・・萱と杉板を交互に重ねてある
実家に帰った時に 近所の家が家事になった
時の話になった
子供の頃火事になった家の屋根のふき替えが
あった
萱など使わないで藁だったと記憶している
萱だったか藁だったか確認すると兄は
「ここらは藁だった」という
藁屋根だったので焚き火が飛び火してあっという間に
燃え移ったと言う事らしい
現在は立派な日本建築の家になっている

002その家は幼馴染の家で実家に帰ると
必ず顔を見てくる
季節によって柿を取ってくれたり 野菜を
貰ったり
今回は赤い大豆と丹波黒を貰ってきた

006立派な黒豆を二袋 姉も一緒に貰ってきた
黒豆を15分ほどフライパンで炒って
出汁の中にジュッと音をさせて入れ
暫く置いて米と共に炊くと 美味しい黒豆ご飯が
出来る
お赤飯のように少しピンク色の薫り高い
ご飯が出来る
楽しみ・・・
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

桜の花芽とウソ

050 バスに乗ってのんびりと久しぶりの青梅です
緩やかな曲がり角を曲がったとたんに7~8羽の
鳥が足元から飛び立った
曇天で無理を承知で撮ってみたら
アカウソとウソの群れだった
桜の花芽を啄ばみ始めた
口元や頭の上にピンクの塊が見えた
どうやら花芽の様に見えた
アカウソは残念ながらこの時だけしか見ることが
出来なかった

084ウソの雄 もう少し良い条件で撮りたかった

100どうなっているのか?
一寸バランスを崩したのか 飛ぼうとしたのか?

140
184 雨がぱらつきだして 撮影は終わりにしたが
何しろ桜の木は大きいのと 枝が混んでいて
枝かぶりしか撮れないのが何とも残念でした
お天気のいい時に もう一度チャレンジしたい

003  松の木にコゲラがいた
コゲラは木を突いて中の虫を食べるとばかり思っていたら
松ぼっくりを突いているようだった
松の実の脂肪を摂るのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

都会の真ん中 第二弾

039_2 銀座の真ん中・・丸いビル 三愛
子供たちが小さい頃 その当時珍しかった
円筒形のガラス張りのビルに 子供の喜びそうな
カラフルな小物がセンス良く飾られていた
二人の娘を連れて仕事の休みの日に行った事がある
喜んだ二人の娘達は 螺旋階段を物ともせずに
上がったり下りたり嬉々として買い物をしていた
当時を思い出すと 不思議な事に若かったのに
今よりも体力が無かった様に思う
子供たちに付いて行けず いつもあお息と息だった
最近の三愛には入った事が無いので
築地に行くと前を通るがいつも眺めるだけ

010_2 良く喩えられる”土一升 金一升!”地価の高さは
日本一
狭い敷地に上に上に伸びるビル

022_2 田舎から東京に出てきて都会だと感じたのは
コインパーキング
商家とは少し違う?と良く見るとお寺だった
隣家とは人一人も通れないほどの隙間しかない
建物の前にコインパーキングがあった

019_2随分と古い建物ね!と眺めたが やはり
一般の家とは少し違う佇まい

020_2 正面に回ってみると コンクリート製の鳥居が
窮屈そうに張り付くように建っていた
稲荷神社でした

331 今日は暖かい一日でした
たまにはゆっくりと・・・と言う事でのんびりと
一日過ごしました
今シーズン初めてのアカハラを昨日撮影出来たのですが
ピントが今ひとつシャープではないのが残念です
さっさと逃げられてしまったので小首傾げた
貴重な一枚です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

雌?それとも雄?

001_2 法事で実家に帰っていたけれど一晩明ければ
いつもと変わらない朝が来る
熱いお茶と築地で買ってきた筋子を入れた
おにぎり持って丘陵散策に・・・
早速姿を見せてくれたウソ

164少し色が違うウソが居た
これは雌?それとも雄の若??

168275いつもの様に下手な鉄砲の連写

276爪の先まで力が入っている・・
もう少し距離があれば綺麗に入っていたのに
近すぎて切れてしまった!

Photo朝一番に撮った 雄のツーショット
この後いつもの方向に飛んでいって
オスは帰ってこなかった

322 今日はモンキチョウを二頭見た
オオイヌノフグリの青い花をバックにした
モンキチョウは春爛漫を思わせる    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

猫またぎ!

112 両親の法事で実家に帰ってきました
新幹線に乗ると珍しくも無いのに
富士山が気になる

092世界遺産の姫路城は天守閣が保存修理中で
囲われている上に 高い建物が次々と
建って見えにくくなっている
千姫やぐらだけが 辛うじて見て取れた
子供の頃から見ている私でさえも
姫路城は何処?何処?

077古い白壁の建物の間から見ると 
屋根の上にスズメが集まって 
会議中の様だった

087 
何か珍しい鳥でも居ないかと思いきや!!
黒い鳥の群れ
カラス カラス カラス 夥しい数のカラス
ヒッチッコックの”鳥”の世界を思い出す

063
法事の後の会食は大抵国民宿舎
お決まりの通り前菜から始まって
黒メバルの煮付けが大きな蓋付きの器で
出てきた

065 姉の器を見て皆が驚いた
これでは猫もまたいで通る!!!
魚冥利に尽きる食べ方だった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

都会の真ん中

001 昨日の夕方の空 三本の飛行機雲が光って
いたが 怪しい空模様だった
今朝は雨が降っていた
お天気が続くと一雨ほしいと思い
最近のようにぐずぐずすると すっきり晴れないかと
思う

005 雨模様だったので少し時間を遅らせて
築地まで出かけた
行列の出来る美味しいラーメン屋さん
年配の女性も立ったままラーメンをすすっていた
美味しくても出来れば座って味わいたい・・・

006 アゴを買いに行く五島列島のアンテナショップ
見事なアマダイやホウボウなどが並んでいた
お店の方に断って撮影させていただきました
表示されている値段の安い事!

009たわしのツリーが面白くて ついパチリ!

034築地から銀座方面に向かう途中の晴海通り?
何処に行っても小回りの聞く自転車は
重宝するようで大都会の真ん中でも
結構自転車を利用している人を見かける

031 ハローキティーの賑やかなラッピングバスを
見つけてよく見たら”はとバス”だった
はとバスは黄色いと思い込んでいたので
驚いた!!
明日から法事で出かけます
時間があれば周辺を歩いてみたいと思うが
山に囲まれた田んぼだけしかない所です
のどかな田園風景と言えば聞こえがいいが
生き物が少ないのが現状です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

トラツグミ

004 法事で田舎に帰るので新幹線の切符を
買いに最寄のJRの駅まで行ったついでに
少し足を延ばして丘陵を歩いてみた
どんよりと重たい空だったので 余り綺麗に
撮れなかったが 百舌が一羽

019シメは嘴に泥をつけながら何か枯れ葉の中から
丸い実を見つけたようだった
カラスの鳴き声に気が付き見上げると
オオタカとカラスが三羽 バトルを繰り広げていた
慌ててレンズを向けたが 木が邪魔をして
駄目だった!!

023かなり大きな雪だるまだったようで 傾きながらも
原型だけは留めていた

032 紫陽花の茎の間にアオジが居た
アオジも嘴に泥をつけている

037
038これといって珍しい鳥も居ないので
仕方なくツグミでも撮って見た
オオタカを見て暫くして何気なく見上げた空に
今度はノスリが大きな羽を広げて
飛んできた
今度も急いでカメラを向けたが木が邪魔をして
撮れなかった!

085散策路を何かが横切った?
もしかして・・・じっと目を凝らしてみると
トラツグミでした
こんな状態では見つけにくい

087 これでは尚更分かりにくい!!

100枯れ葉の少ない斜面に移動してくれて
何とかトラツグミと分かります
巧みな隠れ技 保護色です   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

秩父の雪

006_2 14日に降った雪は まだ道路際に残り
場所によっては滑るので出かけるのは
控えていたけれど 今日はお天気もいいし
”トンネルを抜けるとそこは雪国だった”を
期待して秩父にお出かけ!
豪雪で大変な思いをされている方もあるので
不謹慎かとは思ったが 思ったよりも雪は少なかった

012_2秩父駅前のお昼頃の様子
観光案内所にも観光客の姿は全く無かった

015 横手の駅に”そら”と”みどり”のヤギが飼われていて
乗客を楽しませている
そのヤギに子ヤギが生まれていた
子ヤギが生まれる前にはネットが無かったが
安全の為に設置されたようで 可愛らしい子ヤギが
見難くなっていた
行く度に大きくなった子ヤギを見る楽しみも
出来た

Photoボックスシートの電車は飯能から先運行されていて
小旅行気分になれる 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

足跡

001 昨夜降り出した雪は 遅くにはやんだものの
結構積もった
出かけるつもりだったが急遽キャンセル
ニュースでは滑って転んで怪我をした人続出と
報じていた
水気を含んだ雪は シャーベット状になり
比較的早く溶けるので有り難い
通勤か通学か 朝早く覗いて見ると
沢山の足跡があった
面白がって足を引きずって遊びながら歩いたらしい
子供の足跡

003乾いた駐車場は 暖かいのだろう
猫が昼寝 のどか・・・

060 春の淡雪も解けて 黄色い水仙が開き始めた
猫も水仙ものどか・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

ただいま越冬中

057 今日は朝から雪模様
寒い朝です・・・

011昆虫の観察を根気よくする人は
きっとこんな所で何か見つけるのね・・
見つけました 何でしょう?
ミノムシの様でもあるし?一寸触ってみると
カサカサ乾いた感触 摘んで見ると
中に何か硬い物体が・・・
帰って来て調べてみると”オオミノガ”か
”ミノガ”どちらかのようです
大きさは5センチ程だったのでオオミノガかな?

008 過去には沢山見られたツマキチョウが
ある年を境に激減した
夏のゲリラ豪雨で 川床のセイヨウカラシナが
流され 開発で重機で土を削り取られ食草が
少なくなった
上流域にはまだ見られるが それでも少なくなった
散歩の時に フェンスに一つ ツマキチョウの
蛹を見つけた
蝶の蛹と言えば すぐに思い浮かべるのは
キャベツに良く付いていた モンシロチョウの蛹
そして 山椒やミカンに付いている
アゲハの蛹 どちらも形はよく似ている
蝶に興味を持つ前は 大きさは違っても
アゲハ蝶もモンシロチョウも蛹の形は同じと
思っていた
所が種類によって卵も蛹も全く形が違う事を
知って感心してしまった!!
ツマキチョウの蛹は 細く尖っている
鉄のフェンスと同化してしまったように
見えるが良く見ると先端が少し赤みを帯びて
瑞々しさが伺えた
無事に成虫に成ることが出来るのか
分からないが 時々様子を見守るつもり・・
後二ヶ月ぐらいで繊細な成虫を見ることが出来る筈

070小首をかしげたルリビタキ
これは昨日の画像です

Photo ベニマシコ!!と思ってカメラを向けたけれど
残念ながら違っていた
山茶花の赤い色が遠目にお腹の色に見えただけ
可愛らしいスズメさんでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

今日のウソ

007 お天気がいいのも今日一日って 本当?
天気予報を信じれば今夜から下り坂
白く凍った 路面に注意しながらゆっくりと出かけたが
駅に向かう途中で 凍った路面でスリップした
バイクが転倒していた
丘陵はまだ雪が残っていたが 靴底に付く事も無く
快適に歩けた
いつもの所で いつもの様に雌のウソが
リョウブの実を食べていた

092くの字に体を曲げて 実を啄ばんでいる

108 いつでも口一杯に実をほおばる様子を見ると
つい笑ってしまう

186 高みの見物をしているように見える

075シャーベットのようになった雪が 歩いていると
降ってくる

217午後の日差しの中の残雪
結局目的の雄のウソを見られないまま
時間切れで帰ってきた
さて・・次回は何時行けるだろう
当分お預けになりそうです   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

369!!

077 小雪がちらついた午前中 午後には冷たい雨になった
一歩も外に出かけないで一日が過ぎた
現在歩いた歩数が”369歩”!!
運動不足も甚だしいけれど致し方ない・・
高尾で撮ったルリビタキが眠っていたので
起きて貰った
随分と眉班のはっきりとした綺麗な男の子

066恥ずかしがり屋か 木陰から出てきてくれない
女の子

100こんな目立ちたがり屋さんも中には居て・・

052裏の川に居る オナガガモ すらりと尾が伸びました

415_2 積み残してはもったいないので 一昨日のウソ

455 昔のタイトルに使ったと思うけれど
ウソは大食い?
首を伸ばして 上手にリョウブノ実をしごきとって居る
頬のピンクも綺麗ですが 背中の色も中々のものです

456 美味しいよ・・と言っているのか口からはみ出している

457 こんなに口一杯に頬張って こぼしたのやら
殻を剥いて出したのやら??
どんな鳥でもそうですけれど 角度によって
かなり色が違うように見えます
もう一度 いい天気の日に 良い角度から
撮り直したい”ウソ”です
来年は見られるか保障は無いので・・・ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

ポピーは?

063_2 今日は朝6時ごろから小雪がちらつき始めた
一日中やむことは無く 駐車場の車の屋根も
白くなり始めた
明日の朝は 真っ白な世界が広がって
いそうな気配です
趣味で作られている鉢植えが道路際においてあって
春真っ盛りのような黄色いポピーが一輪咲いていたが
雪で戸惑っているのではないだろうか?

042セイタカアワダチソウがまだいくらか黄色い花もあり
種を沢山付けたものもある
こんなに沢山餌があるのに・・ベニマシコでも
こないかな?といつも思う

097昨日もエナガが忙しく餌を取っていた

116 バードウォッチャーらしい年配の女性が
コガラだったかヒガラだったかも混じっていると
教えてくれたが・・・

123 
126 昨日は何故かピントが合いにくく 苦戦した
エナガだけは数枚撮った中でなんとか
見られる画像があった
047_2折角咲いたヒメオドリコソウも首をすくめている事だろう
少し緑色が濃いヒメオドリコソウでした 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

リョウブの実とウソ

051 毎年私が知っている限り一番早く咲くムスカリが
今年も咲きだしたが 寒さの影響か草丈が
とっても低い 

011明日から雪が降りそうです
午後から曇る予報でしたが 思い切って出かけた
丘陵ではジョウビタキのお嬢さんが出迎えてくれた
まん丸になって 可愛い!

190今日はルリビタキもジョウビタキも女の子が多く
一羽だけしかオスは見つからなかった

156散策路を歩いていると 写真を撮っている男性が
数人見られたが 三脚を立てて陣取っているカメラマンが
苦手な私は通り過ぎようとした
所が中の一人の男性が”ウソがいるのに”と声をかけて
くれた
今日の目的は実はウソだったのです

348 ”ウソ”と聞いては 知らん振りで
通り抜けるわけには行かなかった
所が午前中はお天気が良かったが 午後からは
予報通り 段々雲が多くなって暗くなってきて
良い条件とはいえなかった

523ピンクのエプロンの雄をできれば撮りたかった
思うような画像は無かったので
もう一度青空をバックにしたウソを撮りたい

483リョウブの実が好物なのか 口一杯に頬張って
頬張りすぎてこぼれている!
画像を見て思わず笑ってしまう食いしん坊のウソです      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

春の足音と共に・・・

024西武線の窓から見た集落の中で 一軒だけ
ぽつんと離れて建つ家がある
丁度電線に挟まれる格好で小さく見えている家です
この家を見るたびに 何故こんな所に家を
建てたのだろうと人事ながら思う
毎度見るたびに話題になる家で
ライフラインは整っているのだろうか?が話題になる
昨日はお散歩カメラしか持っていなかったので
こんな画像です

018 その家の周囲の山々は こんな恐ろしい状態です
杉に囲まれて建っているような 山の斜面に建つ家に
住む人たちはスギ花粉にこれからの季節は
まみれる筈
皆さん大丈夫なのだろうか?と勝手な事を
考えながら眺めた
行く度に 色がどんどん濃くなっていく
おそろしや・・・・・

035 春の足音と共に 子育てに入るのでしょうか
エナガがくもの卵らしいものを咥えて引っ張っていた
中に見えるピンク色の塊は どうやら蜘蛛の幼体の様子

036 このエナガの必要としているものは 巣材の
蜘蛛の糸か それとも中のコグモか?

038首をひねって”よ~いしょ”と声が聞こえてきそうです
どうも蜘蛛の糸が必要だったようで ピンクの
幼体はそのままに 飛び立っていった

Photo 今日は午前中雪が降って 少しお湿りになった
乾いた苔も ひと息つけた様で縮こまっていた
葉を開いていた
緑色を取り戻した苔の上には 大きく育ちきれなかった
団栗が柔らかい座布団の上で 鎮座していました

005  023 033 ようやく”マンサク”が咲き出した
三者三様でまだ全く蕾の硬い木もあれば
やっと膨らみ始めた木もある
たった一つ見つけた細いリボンのような
マンサクの花です

Photo_2 蕾のふきのとうは幾つもあるけれど
今年初めての花を一つ見つけました
春ですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

秩父散歩

003 演歌の世界を思い出す 黒塀に見越しの松
ここは秩父の駅前です
本日は ただ電車に乗って 秩父に行ってみました
車窓を流れる見慣れた景色を楽しみにです

Photo仲見世通りは観光客の姿がちらほら
何処に行っても B級グルメの文字が見られる
秩父は”みそポテト”が売りらしい

012 左利きの人には嬉しい入荷案内 限定発売中らしい!

013こんな所でも バレンタイン!
どれだけの効果があるのだろうか?
若い観光客は滅多にこないと思うけれど・・

006秩父の回し者ではないけれど 今日は仲見世の
色々を撮って来ました
食したことはないけれど”ちちぶ餅”

009 秩父といえば”しゃくしな”
暫く会っていない友達が大好きだった
元気かしら?

002秩父の駅前に美味しいお蕎麦屋さんがあります
でも 違うお店の”くるみそば”の看板発見!
近くに美味しいお蕎麦屋さんがあるので
蕎麦はおいしい筈・・・
どのようになって胡桃が出てくるのか興味津々
まず小皿が三つ 一つは漬物と酢の物
一つにはかき揚 そして薬味ネギと柚子
出てきたのは普通の蕎麦 漬け汁に
胡桃が入っていたのでした
胡桃が入る事によって まろやかな味に
なっていた
胡桃が主張する事も無く これはこれで有りでした
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

ルッコラの花

004 ここ数日ベランダに ヒヨドリの姿が見られるようになった
今朝 覗いてみた所 プランターに植えてある
ルッコラを食べにきていることが分かった
ハーブの王様と言われるルッコラですから
美味しいでしょう
大きく育った葉を摘んで サラダにしたり
パンに練りこんだりして楽しんでいるのに・・
上前を撥ねに来ているなんて 許せない
けれど・・対処のしようが無い
鉢植えにしているルッコラに 蕾が上がってきていたので
どんな花が咲くか楽しみにしていた
黄色い花かしら?勝手にそう思っていたが
今日咲きました
大根の花に似た 地味な花でした

016 数日 体調が悪くて 出かけられなかったが
今日はお天気もいいし 公園に行ってみた
お目当ての鳥は 生憎見られなかったが
御近所の皆様と 楽しくお話をさせていただいた
それで満足!
と思っていたら カワセミが飛んで来て
餌を摂り始めた

005 ファインダーを覗いていては タイミングが
遅くなる!!
頭が切れた!!!

136 帰りにルリビタキを見に寄ってみた
ルリビタキを撮影している所に 幼い男の子を
連れたお母さんが通りかかった
色々話している内に 焼き団子の美味しいお店や
武蔵野うどんの美味しいお店の話になって
お互いにびっくりしてしまった
話題になった店は何処も共通の御店だったのだ!
地元ではないけれど こんな事もあるのですね
いつも言うことは「美味しいものは誰が食べても
美味しい」です

121近くで見られないので 画像で見て頂こうと
連写した中に 一寸羽を広げているのがあった
こんな画像でも見ていただいて 親子で
散歩の時に興味を持って 見て頂けたら
嬉しいですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

アセビも咲いた!

011 今年はシロハラが多く 見られるように思います
薄暗い所が好きなシロハラは 少ない年は
懸命に追いかけて撮影したような気がする
所が最近は ”あら~シロハラ”でおしまい
本当に沢山見られるのです
たまにカメラを向けると 丁度何か木の実を
加えた所だったりする

033 カサコソ 枯れ葉の下の餌探しをしているのは
ビンズイ
今ひとつ 自信はなかったが オオタカを撮っていた
人たちの中の一人が見せてくださったので
間違いないと確信できた

014 裏の川には カワセミが沢山居る
少し歩くと あちこちでモデルになっているが
このカワセミには 誰もカメラを向けていなかった
マクロレンズだったけれど 余り近くに止まったので
折角なのでパチリした

070 コウヤボウキとは少し違う茎から
黄色いボンボンさんが揺れていた
一体なんだろう?

227バス停に行く途中の民家の門扉の側に
アヤメらしい花が咲いていた
いつも花の名前が分からない時にお尋ねする
”はなせんせ”で見たばかりだったので
すぐに”カンザキアヤメ”と分かった
始めてみた花です

002  マンサクが咲き始めたと テレビで見たので
近所の公園に見に行ってみたが
まだ蕾は固く 咲きそうに無かった
上のカワセミはそのときに見たものです
マンサクはまだだったが アセビが咲いていた
アセビはシジミチョウのコツバメの食草なので
すぐに目に留まる
コツバメが見られるようになるのは間もなくです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ハナニラが咲いた!

005 今日もオナガが飛んだ!!
一時姿が見えなかったオナガを最近はよく見かける

003お正月に帰って来ていた次女と話をしていて
面白い話題になった
彼女が小さい頃 イチジクが大好きだった
子供の様に可愛がってもらっていたお宅の
庭に 美味しいイチジクの木があって
熟すのを 楽しみにしていたらしい
楽しみにしていたのは 次女だけではなく
オナガも狙っていたようです
曰く「私の天敵はオナガと蟻だったのよ」
で・・大笑い
「一生分食べたので 今は全然食べたいと
思わない」だそうだ

008 先日撮っていたカワセミ もう少しいい角度から
撮りたいものです

024 同じ日のコサギ 

461 かくれんぼしていたクロジを見つけました
アオジによく似ているけれど頭がグレーです
散策路で餌を啄ばんでいた

001 丁度見頃の公園の水仙

006 毎年一番早くに咲き始める公園のハナニラ
数えると八輪・・
 ”ハナニラの八輪ぐらいの暖かさ”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

キチョウも飛んだ!オナガも飛んだ!

123 最寄り駅に行く途中の畑の奥に 大きなキンカンの木があり
収穫もされないまま放置されている
鳥たちの良い餌になっているようで 中からオナガの
鳴き声が聞こえてきた
買い物袋を置いて リュックからカメラを引っ張り出して
レンズを向けた途端に 一羽が飛び出してきた

124何も設定の確認をする暇も無く 反射的に
シャッターを押していた

107_2オナガの体に比べると大きい金柑の実を
咥えて飛んだ!
(後で写真を拡大して分かった事ですが 実そのものを
咥えているのではなく 生り口をくわえやすい長さに
切っている事が分かって 頭の良さにびっくりしました)

108  最近良く見られるオナガでした
大きな鳥なので 飛んでいる所は比較的
撮り易いのかも知れない

011 紫陽花も春の支度をしているようで
枯れた葉っぱを脱ぎ捨てて 緑色の芽を
膨らませ始めていた

005日当たりのいい草原では ヒメオドリコソウが
咲き始めている
いよいよ春の気配!

008 ヒメオドリコソウの花を楽しんでいて
ふっと目を上げると 蝶がチラチラ
行く先を目で追い 降り立ったのは枯葉の影
暗いところが 安心なのか?
陽だまりに出てくればいいものを・・・
余りに暗いので 枯れ葉をそっと取ったら
ヒラヒラ飛び去ってしまった

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

ヤマガラの水浴び

128 寒かった昨日が 嘘の様なうららかな陽気にひかれて
久しく行ってなかった公園に 行ってみた
今年は何処に行っても マヒワが見られます
頭の上に止まってくれたけれど 近すぎ!

098
対岸を見ながら 走り回っているお年寄りが居た
何を追いかけているのか 分からなかったが
「マヒワ・・」と走りながらつぶやく声を聞いて
「マヒワなら足元に居ますよ」と声を掛けて差し上げた
運動の邪魔をしたかしら?

105池の浅瀬で 餌でも取っているのだろうか
仲良く暫く遊んでいたが やがて高みに消えた
いつの間にか 男性も消えていた

026枯れ草をカーテンにして ヤマガラが水浴びを始めた

065ヤマガラの水浴びは豪快に見えた!
顔もすっぽり水の中に入れている

067とぼけ顔で お洒落をしていた

089
092 水の中に座り込んでいるように見える

023 身だしなみを整えて お澄まししてみた・・・
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

念願のオオタカ

05 厳しい寒さが続いていて 大きく伸びた霜柱
昨日の暖かさで ひっくり返ったのでしょうか?

055枯れた草に飛沫が付き 段々と成長していったのでしょう
谷間の細い流れにも こんな自然現象が見られます
氷 雪 霜・・・何故か好きです
厳冬期の山小屋で 窓ガラスが凍る
段々と延びる結晶を眺めるのが好きだった
今なら嬉々としてマクロレンズを向けているでしょう
その頃は フイルムのカメラで 90ミリのマクロレンズを
常に付けていたのに 何故か写真を撮っていない
考えられない事です
降ってくる雪は 結晶がそのまま肉眼でも見えたのに
何故か写真を撮っていない
我ながら不思議な事です

004 今日はかねてから行って見たいと思っていた
公園に足を向けた
少し時間は遅かったが 様子を見ようと思っての
事でした
近所で鳥を見ていたときに通りかかった男性に
オオタカが狩をするところが見られると
聞いていたのです

005 初めて行った公園は 様子が全く分からずに
兎に角 歩いてみた
池を一回り近く歩いた所で 数人のカメラマンを
見つけたが どうも私は三脚を立てたカメラマンが
苦手なので近寄らないで皆さんがレンズを向けている
方を眺めていました
暫くすると トンと水際に大きな鳥が 降り立った

011 大急ぎでリュックから重いカメラを引き出して
手すりに固定して撮影をした
数枚撮影したところで木立の中に戻ってしまった

017 一段高くなった道路から撮影しているのに
気が付いたカメラマンの一人が「おねえさん こっちから
撮るといいよ」と声を掛けてくださったので
遠慮せずに走っていって お仲間に入れて頂いた
とてもフレンドリーな方々で 茂みに隠れて見えなく
なったオオタカを「ここからなら見えるよ」と
連れて行ってくださった
後ろ向きながら 首を横に向けた瞬間に一枚パチリ!
この公園で撮影している人たちも 私と同じで
”皆で楽しめばいい”と口々に言われる
何と楽しい人々だろう
暫くいたけれど雪がちらつきだし寒くなってきたので
皆さんと御一緒に引き上げてきた
帰り道が分からなくなった私に 親切に道を
教えてくださり 迷子にならないで 帰ってこられた
飛ぶところは いつも撮影するのだけれど
地上に下りた所や 枝に止まっている所には
中々めぐり合えなかったので
一寸嬉しい 撮影になりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

テングチョウと霜柱の花

045 久しぶりに 高尾の森林科学園に行って見た
園の入り口に 毎年霜柱の花ができるのを
職員の方に教わっていたので 楽しみにしていた

049今年は雨も殆ど降らないので 吸い上げる
水分も少ないのだろう
小さな霜柱の花が見られるだけだった

059春を告げる嬉しい桜 河津桜が微笑んでいた

060色付き始めた桜の蕾を眺めていたら
なにやら面白いものが目に留まった
薄緑色の山繭 ブラシのような触覚を持った
大きな蛾が眠って居る筈・・
綺麗な曲線が不思議
どの様にして繭を作るのか 見て見たい!

075 薄暗い谷間にミヤマホウジロの姿発見
じっとしていると見つけることは困難です
チョコチョコ動いたので何か居る?
その程度・・・
087 ルリビタキ ジョウビタキ共に 谷間から散策路を
渡って小さな笹薮に入り 一応縄張り宣言らしい
鳴き声を発している
そこに二羽のミヤマホウジロも 仲間入りして
出たり入ったりしている
今年は複数の鳥が交錯したり 狭い範囲で
一緒に居たりするのを よく見かける
撮影しているときは分からなかったが
丁度目の近くに 細い枝が一本あった
切りにいきたい!!

105テングチョウが一頭 急な斜面の下に止まった
もう少しいい角度から撮りたかったけれど
無理・・・今年初撮りのテングチョウは
証拠写真程度でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »