« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

つぐみの水浴び

033_2 浅い小川の側を通りかかると水しぶきが見えた?

038 そっと近付くと 鶫が水浴びをしていた

067暫く水浴びを楽しんだ鶫は 側の木の根元に移動した

073079   丁寧に羽を繕い始めた

082
足音を立てず 派手な動きをせず ゆっくり ゆっくり
暫く鶫の動きを追いかけた
綺麗好きな鶫でした

100昨年は足しげく通った公園 今年は冬鳥の姿が
少なく 自然に足が遠のく・・
公園の下草が 広範囲に刈り取られていて
シロハラやシメが 枯葉を跳ね飛ばしながら
餌を探していた
ゆっくりと階段を下りてくると 斜面にコジュケイの姿

117 珍しくシロハラとコジュケイのツーショット!
もう少し左に寄れば良かったが コジュケイしか
意識していなかったので 致し方が無い

152 自分の体がすっぽり入ってしまうほどの
穴を掘って 餌を探しているシロハラ
すぐ近くに来たので近すぎ・・お腹の羽の
一本一本までが綺麗に見える

159 東京ドームの遊園地で事故があった
ジェットコースターや観覧車などが苦手な私は
近寄ろうとも思わないが・・・のどかな昼下がりの
遊園地です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

シメも飛んだ マヒワも飛んだ!

060 乾燥注意報が出っぱなし!
一番寒い季節ですが 近くの河津桜の蕾は
少し色付いてきた
もう一息で 暖かい春が来る事を告げている

090 沢山の鳥が餌を啄ばみながら 歩いていた
一つの群れは丘の上で もう一つの群れは丘を
下りて散策路に
そのうちの丘の上にいたのが 恐らくビンズイだと
思われる
丘を下っていったのはクロジの様だった
残念ながらクロジの画像は無く 次回に期待するしかない

147ハンノキで枝にぶら下がりながらの 食事風景を
見ていたので先入観たっぷり
でも 散策路で何か落ちている餌を啄ばんでいるのは
間違いなくマヒワのようです

159 二羽がのんびりと 食事をしていました

051
ようやくシメも 下に下りて餌を探すようになってきた
丸い小さな実を咥えている

Photo シメの秘密を見てしまった!!
渡って来て暫くは 高い枝の上に居て 木の実を
食べている
地上で餌を探すようになっても 滅多に羽を広げた
所に出会わないし 目の前で飛んだとしても
羽の先の僅かなブルーを 見るのは困難だと
思う 一瞬の動きを記録する写真ならではの
醍醐味でしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

エナガ

009 いつもの所で やっと見られるようになったルリビタキ
それでも今年は 昨年に比べるとぐっと数が少ない様に
思える
チラッと見ただけでは 歩く楽しみも少ないので
結局 何時行っても見られるところに足が向く

026ひとしきりルリビタキに相手をしてもらって
堪能して歩き始めた頭上にはエナガの群れ
余りに近すぎて・・・

      027ダウンボールの様なエナガのお腹をしげしげと
眺めてしまった!!

      033 034 雨覆いの下も お腹と同じ色をしているようです

036エナガの尾の模様を始めてみた!!
いつもチョコチョコ動き回っているので
詳細に観察できなかったが画像にしてみると
面白いものです
それにしてもお腹の羽の柔らかそうなこと!

037 一羽だけを対象に 撮り続けるとこのような瞬間も
撮れました
まさに今飛び立った瞬間です

138 エナガの巣でしょうか
散策路に落ちていたのを拾って撮ってみた
ヤマゴケが主な材料で 薄くて柔らかくて繊細な
巣です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

小春日和の丘陵

069 074 今日もいい天気! 丘陵を散策するにはうってつけ
行く先々で ルリビタキの姿を見るようになった
くびれも何も無く 真ん丸いからだが何時見ても
愛らしい
細い針金のような足で 踏ん張るように止まっている

      080 寒いと思ったけれど少し歩くと汗ばむようになって
途中で一枚 脱いだ程 丘陵は小春日和
なのに百舌は真ん丸く膨らんでいた

      103
今日は 埼玉県側から歩き始めた
数日前に白菜を買いに行った折に お会いした男性に
丘陵の場所を教えて差し上げた
人の良さそうな男性で小さなカメラで動画を撮って
いてタシギを見せて頂いていた
散策路の途中で会った男性を見て どこかで会った方?
そう思いながら通り過ぎやっと思い出した
タシギを見せて頂いた方だ!
戻って御挨拶をしたら「ここを教えて頂いた方ですか?」
と思い出して下さった
当然初めての場所なので暫く御一緒した
ジョウビタキ ルリビタキ 等次々に姿が見られて
教えた私としては”よかった よかった”
残念ながら少し前にノスリは飛び去っていた
キラリと光る目は 鋭く獲物を探す緊張感が見えた

064 ジョウビタキもこうしてみると可愛いものです
でも・・最近は余りカメラを向けなくなった

129
飛び立つ瞬間をキャッチ!!
このように羽を一杯に広げた瞬間は意図しては
私は撮れない
偶然の一瞬を期待して連写すると
たまに御褒美を頂く・・・ありがとう

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

福寿草

      008_4 この日は前日の夜に降った雨で しっとりと枯葉が濡れていた
いつもは歩くとカサカサと音を立てる落ち葉も 湿度を帯びて
久しぶりの感触が 足に伝わってきた
歓迎して出迎えてくれたようなルリビタキ
多分雌だと思います

       023_3 違う場所で撮ったルリビタキ
個性があるのかと並べてみたけれど?
可愛らしさは同じ・・・

      035_3 柔らかそうなお腹 小さな体で樹皮の間に嘴を差し込み
餌を探している エナガ
何か美味しいものは見つかったのか?

      441
光るススキを撮ってみたけれど・・イメージとは少し違っていた
マクロで寄って撮るといいのかしら

      455 使われなくなった蜂の巣が 落ちて転がっていた
何の蜂だろうか?

      476_5
ロウバイが珍しい頃は 秩父に見に連れて行ってもらっていたが
最近は何処にでも咲いているので わざわざ行く事も無くなって
福寿草の咲く季節にも拘らず うっかりしていた
バス停に行く途中の庭先に 咲いているのを見つけて
カメラを取り出して 数枚撮影している間にバスは
行ってしまった!!
一時間に二本しかないバスを 逃して暫くバス停で
待つ羽目になってしまった
リュックのポケットには バスの時間を印刷してもらって
持ち歩いているのに 利用しなくては意味が無い
少し画像を大きくしようといじったら とんでもない事になってしまった
何度か書き直して やっと落ち着いたつもりですが
開けてびっくりでなければいいけれど? 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

マヒワの食事風景

          303_2
モンキチョウを見つけた所にハンノキが数本ある
今年はマヒワが良く見られるらしい情報があったので
気にしていた所 群れは小さいけれど黄色い姿を
見つけた
マヒワは数年前に一度見たことがある程度だった

          319_2
鮮やかな黄色のオスに比べるとシックな
落ち着いた色合いの雌です

          356_2
          363_2

器用に嘴を使って実を取り出している

          366_2
          389_2 
頭の上で恐れる様子も無く 無心に餌を食べている

          360_2
          384_2
愛嬌たっぷりのマヒワの食事風景です
ゆっくりと撮影させてくれた
障害が発生しているらしく書いた記事が
どこかに消える
今度は大丈夫か ?

                 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

今年初撮り・・モンキチョウ

          215
丘陵に久しぶりに行ってみた
昨年は見られなかったウソがリョウブの実を
食べているのが見られた

          216
口に一杯ほおばるので こぼれ落ちた・・

          279
生憎雌が二羽だけ
出来る事なら希望としては胸のピンクの雄を
撮りたいものだけれど・・地味・・・・

          454

百舌が行く先々に見られるので 梅の木に
ハヤニエが無いか探してみた
見つけたのはイラガの卵
これは気をつけなくては・・・刺されると痛い目にあう

          448
暖かいのでもしかして と思っていたら
斜面を飛んでいるモンキチョウが居た
枯葉に止まった所を見ていてもらって
ぐるりと回って大急ぎで登っていった
動きが緩慢なので冬の蝶は撮りやすい
越冬する固体は寒さ対策なのか
夏の蝶に比べて毛深くみえる
まるで髭だるまのように見えた!
ギョロメで毛むくじゃらの凍蝶”モンキチョウ”です
このモンキチョウの居た丘の上で
マヒワの群れが美味しそうにハンノキの実を
食べているのを見つけました
まだ整理できていないので後日ご覧頂きます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

やっぱり青い鳥が好き!

           007
降りそうで 降らない 恨めしい空模様の一日
折角ならザ~~っと 一雨ほしい所です
少々の雨は 焼け石に水でしょうが
それでも 降らないよりはまし・・・・

           014

可愛いルリビタキ じっとしていると側の
切り株に止まる

           019
今年は いつもの公園には 一羽も見つけられない
其ればかりか 其れらしい痕跡さえも 見受けられない

           121 
大好きな 青い鳥を求めて・・・

           085
干上がった水場の奥の笹影に チラチラ動く影
肉眼だけで 見分けるのは困難だったので
撮ってみたら鶯だった
今年初の鶯でした

           044
常緑樹の細い幹に 付いているらしい
餌を上手に捕まえる メジロ
咥えている 白いものの正体は 一体何?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

アオジの羽繕い

          153
何処を歩いても珍しいものも無く
何となく目に付いたカラスウリの実
冬枯れの中ではオレンジ色が新鮮に
見える

          139
シメが榊らしい枝の込んだ中に止まっていた
口元が餌をあさった後だと物語っていた

          155

深い溝の中には結構色んな鳥が居るらしく
草が揺れていたり 鳴き声が聞こえたり
じっと見ていると見えてくる
ガビチョウを久しぶりに撮って見た

          173
アオジも小さな体をちょこまか動かし
水浴びをしているようだった
水浴びの後の羽繕いの様子です

          186
          200
          201 
          211
連写の中に時々このような画像が見られる
其れを狙って 当然連写するのですが
ピントがずれていたり 全くぼけていたり
上手くいかないことのほうが多い 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

グラウンドのタゲリ

          009
余りに暖かいし 穏やかな晴天なので
思い立って 午後から出かけた
何か分からない鳥が居たので 立ち止まって
見上げていると 追い抜いた男性が追いついて
「歩くのが早いですね」と声を掛けてきた
この男性はいつも歩いているのか周囲の事を
良く知っていて
土手の上からスカイツリーが良く見えると
教えてくれた
先日も歩いたのに全く気が付かなかった!
随分と背が伸びたスカイツリーがぼんやりと
見えた

         008

カワラヒワかと思ったが羽の黄色い模様が
見えなかった
身元不明の鳥です

         017 
今日もタゲリが二羽遊んでいたが
私に気が付いたのかいきなり飛んだ

         035
羽を広げると結構大きい!!

         039
         046
野球の試合をしているのか ユニホーム姿の
子供たちの前に降りた

         065
野球をしているので落ち着かないのか
飛んでいった
飛んでいるのを見てもタゲリとは
恐らく分からないと思う

         098
比較的近くで遊んでいたシロハラ
やんちゃ坊主のような顔をしている
御近所さんらしい年配の女性と一緒にしばらく
おしゃべりをした
その人の話では「雨の降りそうな夕方に面白い
物が見られる」とか・・・
”たとえばアカゲラが木の根元まで下りてきていたり”だとか
その人が駅までの道のりが遠いだろうと近くの
バス停を教えてくれた
知らない場所なのでどうしようか迷ったが
途中であったカップルも一番近いと
同じバス停を勧めてくれたので行ってみた
これが間違いの元だった
確かにバス停は近かったが最寄り駅までが
遥かに遠かった
駅にたどり着いたけれどずっと遠回りで
帰ってきた
知らない所は要注意です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

枯れ野の花

          055
大寒を過ぎて少し寒さも緩んだような
気がする武蔵野の雑木林は鳥達の
楽園か?
ルリビタキの姿が交差する
縄張りを宣言する様子も無く
鳴き声も余り聞こえない
殆ど鳴き声が聞こえないので姿を探すのが
難しい状況です

          008

影に隠れながらも用心深くこちらを見ている
アオゲラ

          017
アオゲラの目はまん丸ではない事を
初めて知った
頭頂部の赤い毛はモヒカン刈りの様に
少し盛り上がっている事もレンズの表現力の
違いか先日知ったばかり

          021
寒風に吹かれ花弁の繊維だけになりつつある
アジサイの花

          060
ウバユリの種殻・・細い髭のような桟の中に
薄い種が綺麗に並んで入っているが
中々良い季節に出会わない

          068
コウヤボウキのボンボンさんが少し寂しげに
揺れていた
やがて茎の小さな芽から緑の新しい命が萌え出す
季節が来る
待ち遠しい事です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

氷上の鳥たち

          002
毎日冷え込んで池も少しを残して凍り付いてきた
遠くに見えるのはセグロセキレイの様だった
セグロセキレイはなんなく歩いているように見えた

          003

カルガモはヨチヨチ歩き

          018
流れる水が雫となって凍って連なったように見える
日陰の小さな流れに出来た自然の芸術品

          008
メスのウソが二羽 目の前に下りた
その時 頭の上をノスリが飛んだ
ウソもどこかに消え ノスリもカメラをかすめて
飛び去った・・・ああ無常

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

花のような物

          047
一冬に一度ぐらい風邪気味になる
病院はなぜこんなに暑いほどの暖房を
入れるのだろう?
むっとした院内から出るとホッとする
電車に乗ると又ムッとする暑さ
何処も空気は乾燥しカラカラ
一雨ほしい所です
真っ赤な南天もヒヨドリたちの美味しい御馳走です

          043

サクラソウが花壇で咲いていた
今年の冬は寒いと言うのに・・

          041 
病院へ行く途中の小さな春
ノースポールの真っ白な蕾

          067
アベリアの花がドライフラワーのようになって
いた

          029
寒い北風に震えるように揺れていた
黄色いバラ

          024
花の様なヒマラヤスギの松ぼっくり
強風に飛ばされて沢山落ちていた
中には芯だけになった物もある
今まで気にもしなかった松ぼっくりにも
個性があることを知った
一本の赤松でも 大きな松ぼっくりから
本当に可愛い小さな松ぼっくりが見られる
育つ時にいかに栄養を蓄えることが出来たかに
よるのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

思い込みの根拠

          164
今日は久しぶりに暖かいけれど
一寸体調不良です
撮り溜めた画像の出番はこんな時の為
ヤマガラにも出てきてもらいました

          106
時々行く雑木林の朽ちた切り株に
枯れ葉が時々刺さっているのを見る
これは松葉です

          013
日当たりのいい 窓辺に置いたバジルの鉢植え
真冬と言うのに 葉が茂ってきたので
摘んで バジルソースを作った
三陸産の牡蠣を オリーブオイルで炒めて
オイスターソースで味をつけた後
バジルソースで合えた
美味しく頂いた後 鉢植えを見ると摘んだ所から
水滴が こぼれ落ちそうになっていた
水分を吸い上げる力にびっくり!!

          035
先日アカウソが食べていた山吹の実です
何となく山吹には実が付かないと
思い込んでいました
その根拠は太田道灌の有名な和歌
”七重八重 花は咲けども 山吹の 
 みのひとつだに 無きぞ悲しき”です
八重咲きの山吹は 雄しべが花弁に変化するので
実が出来ないのは確からしい・が・しかし・・・

          011

枯れ始めた茎の先端に付いている実は
殆どが三つ付いていた
人の思い込みは恐ろしいと改めて思ったものです
一重の山吹にはこのように実が成るのでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

やんちゃ坊主

           172
今年ほどホウジロを沢山見た年も珍しい!
白い眉 黒い顔 ホオジロと分かるとカメラを
向けないことのほうが多い

           Photo
私には紛らわしく見えるカシラダカ
カシラダカも沢山いる

           133
アオジは何故か草陰に居る事が今年は多い
偶々飛んできたのを捉えた

           051
沢山のカケスのだみ声が聞こえたが
杉の中にいる事が多く 滅多に私には
撮影するチャンスが無かった
プックリと膨らんだ杉の花の中に止まった
カケス 眼が痒くなりそう・・・!!

           152
鳴き声に振り回されながらやっと見つけた
珍しく明るい所に出てきたが
ほんの数秒の事だった
いたずら坊主のような顔のカケスでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

嘘のようなウソ!!

           006
先日もチラッと見たベニマシコの雌
何故かピントが合わなくて苦戦した
結局何枚か撮影したものは全て没になった
そこで今日リベンジ!!
不思議な事に今日も同じ場所で同じらしい
雌をチラッと見た・・・でも・・何故かピントが?
中に一枚何とか其れらしく見えるのがあったが
もう一度挑戦しなくては納得がいかないし
出来れば赤いお腹の雄が良い・・

           014
手前の枝が邪魔をする
この子はだあれ~?

           060
突然目の前にウソの姿を見つけた

           080

アカウソのようでした
メスとオスがこのように仲良く群れで餌を
啄ばんでいるのを始めてみた

           110
ピントは甘いけれど羽を広げた所が引っかかっていた
偶然の産物なので良しとしました

           111 
桜の花芽を食べると聞いていたが
山吹の茂みに入って小さな実を食べていた
山吹には実は付かない筈
何を食べていたのかは不明です

           122
気が付くと二年ぶりに聞く口笛のような鳴き声が
あちこちから聞こえた
全く予期せぬウソの出現に気をよくしたのは
もちろんの事でした
朝からチラチラ雪が舞う とても寒い一日でした

           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

ジャコウアゲハ蛹のその後

            018
出しそびれていたカシラダカ?御一行様
群れで飛んでいった

            044
群れているのはカワラヒワ

            049
飛んでいる所を下から撮影すると
きちんと足を並べている
羽の模様も綺麗に見える
もう少し近くから撮れるともっと綺麗だろうが
そんなに簡単にはいかない

            065
葦の中に鳥の巣を見つけた
何の鳥の巣だろうか?
オオジュリンかヨシキリか?

            059

やっぱりルリビタキに出てきてもらわなければ・・

            096
もう少しピントがきちんと合っていたら!
羽の付け根の黄色は背中の中心まで
あるようです

            Photo
娘のマンションに行く途中にパンジーを
ハウスで栽培しているお宅がある
玄関周りに沢山植えてあるので
信号待ちをしている間に幾つか撮ってみた

            037
            038 
今まで使っていたカメラはお散歩カメラに丁度良い
マクロレンズを付けて片手で持ってシャッターを
切れるので何かと都合が良い

            Photo_2 
川沿いのウマノスズクサが 刈り取られ
危うく難を逃れたジャコウアゲハの蛹
一つは 切り取られた小さな枝ごと
持って帰ってきた
後日もう一つ ざんぎりにされた枝の中に
付いているのを 見つけていたので
今日 様子を見てみた


            051
元気そうに瑞々しい色をしていた

            071
つれて帰って来てベランダに置いてある
蛹を大急ぎで撮影してみた
フラッシュを使っているので実際の色とは
少し違うけれど 目で見るよりは艶が良かった
気温や日の長さ等を感じ取って羽化すると
教わったので楽しみに時々眺めている
寒い季節に羽化しないように願っている

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

苦戦!トラツグミ

          022
風も穏やかだし お天気も良いし
今日もルリビタキに会いに行った

          036
密度が濃く複数のルリビタキが交差する
挙句にシジュウカラやアオジまでが仲間入り

          058
人工物が好きなようで看板やベンチに止まる事が
多い

          104
数日前に見つけたのとは違う朽ちた切り株に
枯葉がもう一つ刺さっているのを見つけた
鳥ばかり追いかけていると こんな小さな
枯れ葉は見落とし勝ち
でも・・面白い!

          109
昼食をとりに 移動している途中にフェンスの中に
何かが動いた?

          126

トラツグミです
木の陰を 上手に利用して隠れている
中々動かず おまけにフェンスの外からの
撮影なので ピントが合わない
フェンスにぴったりとレンズを付けて
撮影すると良かったみたいです
取り立てて 綺麗な鳥とか可愛い鳥とか言う
種ではないけれど 一度は撮って置きたい
トラツグミでした

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

初物 タゲリ

          011
やっと ツグミの姿も珍しくなくなってきた
それどころか 何処を向いてもツグミ ツグミ
ついに広場に 何匹ものツグミが 下りているのを
帰り道に見つけた
これは 今日 最初に見つけたツグミです

          017
ジョウビタキも 人馴れしてきたのかすぐ側で
逃げようとはしない
ノイバラの赤い実を 入れてみました

          053
メスを撮ったら雄も・・今年は鳴き声が余り聞かれない


          072

          079

頭の上では ノスリが悠然と舞う
弧を描いて すぐ近くに飛んできた
私には 滅多に撮れないかもしれない画像です
遠くにホバリングするハヤブサらしい姿を
見つけたが 梢が邪魔して撮影できなかった
悔しい瞬間でした
戻ってこないか周囲に気を配って歩いた
帰り道 広場に下りたのを見つけたが
この時も シャッターを切る間もなく飛び去った

          148
帰り道グラウンドの上を飛ぶ何かが見えた?
じっと姿を追って見ていたが不意に視界から消えた
余り見たことの無い鳥のように思えた
そして遠くに 何かが動いている
もうすで にカメラはリュックの中
でも・・・気になる
距離はかなりあって 黒と白の鳥・・位にしか見えない
急いでカメラを取り出して 覗くと長い二本の冠羽が見えた
昨年 夕方暗くなった頃に見た タゲリだった

          154 
顔の模様は 個体差があるようですが
愛嬌のある顔をしている
背中の羽の色は 複雑な色をしており
虹色に光って見える 大型のチドリの仲間です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

タイミング

          009
目の前の木の洞にシジュウカラが出たり入ったり
かなり深い洞らしく中々出てこなかったり
タイミングをあわせるのが難しい
メモリーは大きな容量を使っているので心配は
無いが削除するのが大変です

          044
とぼけた顔のツグミ
まだ高い木の上です

          046
鳥は詳しくないので
ホオジロの雌でしょうか?

          078
強風に柔らかな毛がなびいている
この黄色が何とも可愛い!

          116

後ろを向いても眼だけはこちらを見てる

          Photo 
雌でしょうか・・・丁度羽を広げた所にタイミングが
合いました
顔にかかった影が無かったら・・其れは贅沢と
言うものでしょうか

          042

倒木に苔の花? 何度か挑戦してやっとこの程度
イメージとはかなりかけ離れている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

梅香る季節

          006
丘陵のジョウビタキは恐れを知らないのか?
それとも仲良しなのか
百舌にチョンチョンと接近していく
余り見かけない光景に驚いてカメラを向けた

          010
チョウゲンボウの様子を見に行ったのだけれど
お目当てのチョウゲンボウの姿は無かった
代わりに頭の上を旋回するオオタカらしい姿を
見つけたが?
尾羽を閉じるとこんな形に見えるのか?

          016

ここでもルリビタキの可愛らしい姿があった
細く長い足 丸いお腹 真ん丸い眼 何処をとっても
可愛い!
三脚を担いだ年配の男性が「何かいますか?」と
声を掛けてきたのでチョウゲンボウやミヤマホウジロ等の
情報をお話しすると「良いんですか?そんなに教えて」と
言われる
皆で楽しめばいい・・私達はいつもそう思っている
聞かれれば見たことをお話しするので
その一言に驚いた!!
そんな事を言わないで楽しみましょうよ・・

          029
ルリビタキに比べると一寸スマートに見える
ジョウビタキ

          038

余りカメラを向ける対象が無いのでハクセキレイを
撮って見たら丁度餌を咥えた所だった

          Photo
ふっくらとした香りに惹かれて視線を上げると
白梅が咲き始めていた

          

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

おっとっと!!

          141
今朝も早くからルリビタキに会いに行ってきました
古い切り株は朽ちて苔むし枯れ葉が一枚
どんなタイミングでこんな状態になるのだろう?
上手い具合に朽ちて出来た小さな穴に
刺さったようです
今日も風が強く枯れ葉はパタパタ揺れていたが
一日中飛び去る事はなかった!

          400

          411

雄と雌が交差する・・余り今まで経験が無い状態です

          289
首をかしげてつぶらな瞳で見られると・・

          247 
取り合えず一枚パチリしてからじりじりとホフク前進
まだ人に慣れていない様子ですが
その内に慣れて”そんなに近くにこないでよ!”状態に
なることを期待しています
昨年はそんな状態でした

          033
鳴き声は聞こえなかったけれど鳴いている様子です
この後・・・

          034

足元に御注目!

          035
”おっと・と・と・・・”そんな声が聞こえてきそうです
下三枚は同じ雌ですが擬似木は似ていますがその上の
メスは別の固体です
様子を見ていると鳥にも飛ぶ道があるらしく
大体が同じ所に消え同じ枝に止まる
ぐるりと一回りして尾根道に出てくる様子でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ラ・フランス

          006
近所の川沿いのロウバイがそろそろ見頃を
迎えた

          079
ふっくらとした花弁は和菓子を思わせる
和菓子職人の手の中で命を吹き込まれた
花びら餅のように見える
尤もこんな色の花びら餅があるかどうか?
私の好みなので・・・

          052
雑木林の木々は冬芽を付けている

          055
マクロで撮れるほど近くにあったのは
イヌシデ
もう少しすると柔らかく膨らんで鱗が
ほどけてくるのでしょう

          101
柔らかそうな芽は何に見えますか?
ニンジンの切り落とした物です
日当たりのいい窓辺に置くと元気いっぱい
延び始めています
何処まで成長するでしょうね

          095 
大きなラ・フランスの完熟を待っていました
面白い果物ですね
木で完熟すると全く美味しくないらしい・・
通常は木で完熟すると美味しいのが果物・・
と思いがちです
ラ・フランスに限っては硬いうちに収穫して
暖かい所において追熟を待って食べるのですね
まだ珍しい果物の部類に入っていたラ・フランスを
買って表示通り4日ほど置いて切って
食してみて驚いたことがある
ガリガリで全く甘みも無くまずい事極まりなかった
食べごろを知らなく大失敗しました
今日のラ・フランスは皮を剥いていると
果汁が垂れてくるほどジューシーで一口食べると
濃厚な甘みが口一杯に広がった

         110
愛嬌のある顔に見えるラ・フランスの種
シールには4~5日置いてと書いてあるが
一向に甘い香りがしないので10日間も
置いてあった
やっと今日食べ頃と判断して切ったのでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

ルリビタキと百舌

           003
昨日に続いてルリビタキを見に行った
もう少し光線の加減のいいところに出て
くれないか?
もっと近くで撮れないか?
段々欲が出てくる!
散策路に入るや否や二羽のルリビタキの雄が
目の前を飛んで行った
まだカメラもリュックの中・・・
雌?それとも若?のお出迎えに嬉しくなってパチリしました

           024
これは間違いなく雌でしょう
可愛い・・・

           038

枝がかぶっているけれど百舌の鋭い
爪を見てびっくりした
流石に百舌!!

           055
           063
           067
上の一枚は別の固体
綺麗な雄です
後の二枚は同じ固体 これは雄でしょうか?
媚斑が見えないので迷います

           061

色彩が乏しくなってきた雑木林で小さな赤い実は
目立っていた
やがて鳥たちの餌になってこれも見えなくなるのだろう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

幸せの青い鳥

          032
近くまではいつも行くけれど 足を踏み込んだことが
無い公園に 今日は行ってみた
数日前に 隣の公園で会った若者と 話が弾んで
情報交換した中で 教えてもらった場所だった
風が強く 落ち葉は音を立てて飛んでいく
キョロキョロ上を見たり下を見たり・・・
強風で小さな音はかき消される
視野の隅に大きな鳥の影
オオタカがすぐ近く 頭の上を 音も無く飛び去った!
そんな中で 見つけたアオゲラ

          055

珍しく明るい所で 餌探しを暫くしていた
窪みに嘴を入れて 突いていたと思ったら
茶色い虫を 咥えているようだった
拡大してみると 確かに何かの幼虫を
咥えていた

          093
暗いところばかりいることが 多いので
羽の色や 頭の赤い色の毛が 若干モヒカンガリの
様に盛り上がっている事など 細かい事は今まで
分からなかった
盛り上がって見えるのは 角度の為だろうか?

          136
初めての場所なので ポイントは歩いて探すしかない
今日 見つけたのは 雄二羽 雌一羽
そのうちの一羽が 赤松の切り株がどうやら
お気に入りのように見えた

          142
赤松の切り株からコナラに飛び移って斜面を
下りてぐるりと回ってくるようだった
キリリと引き締まった顔をした
今年の私の青い鳥・・・やっとめぐり合えた   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

          034
澄んだ冬の空気は周囲の山もくっきりと見えた
今日は何か訓練でもあるのか米軍の飛行機が
次々と飛んでいく
シャッター速度が速いのでプロペラも止まって
見える
拡大してみると窓のワイパーまでもが確認できた

          061
          060
          058
羽を広げて飛ぶノスリ 羽の角が黒いので
ノスリだと思う
足元では雉が飛ぶ いきなりだったので
カメラを構える暇も無く飛び去るのを
呆然と見送った・・残念!
チョウゲンボウは驚くほどの速さで
オオタカは悠然と舞い上がっていった
何も無い所では枯れ葉が上昇気流に乗って
舞い上がっていく
鳥達は上手に上昇気流を掴まえて
舞い上がっていくのでしょう

          145

霜に当たって赤くなった葉や枯れた葉が
目立つ芝桜の中にピンクの芝桜の花が
咲いていた
花の季節には押すな押すなの行列が出来
ベンチはすし詰め状態でもへこたれずに
お弁当を開く観光客が見られるが
寒い季節には誰もいない・・・

          153
公園の一角では濃い目のピンクの小さな桜が
ほころび始めていた

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

やっとのシロハラ

           001
もうすっかり葉を落としたと思っていたら
まだ紅葉している木があった

           004
今シーズンは早いうちは餌を撒く人がいたけれど
幸いな事に今の所は見かけなくなった
じっとしていると藪の中から姿を見せるソウシチョウ

           019

まだ高い所にいるツグミ

           050 
鳴き声だけは何度も聞いていたシロハラ
やっと捉えることができたが藪の中
その内にツグミ共々下りてきてくれるでしょう

           076
駅のホームから何となく周囲を見ていると
百舌の姿を見つけた
もうカメラはしまってあったけれど
動きそうにないし電車が来るまで2分ほどある
そこでカメラを取り出して撮って見た
細い枝が前にあるけれどきちんとピントが合っていた
重いけれどやっぱり新しいカメラのほうがいい・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

オオイヌノフグリ

          021
枯葉をゴソゴソひっくり返して餌を探して
居るのが見慣れている光景
まだ小さな実が残っているのでそれを
啄ばんでいる
木の上の実がなくなると下りてきて
いつもの光景が見られるでしょう
一寸悪そうな顔のシメです

          112
ジョウビタキもコムラサキを食べている
丁度小さな紫の実を咥えた所だった

          331
ホオジロは葦の穂を上手にしごきとっていた

          Photo
何か分からなかったが取り合えずパチリして
置いた
液晶画面で確認するとミヤマホウジロだった
昨年はレンズが悪くピントが合わないで
涙を飲んだ鳥です

          306
数年前にはうららかな小春日和が続くと
咲き出していたように思うオオイヌノフグリが
今や一年中咲いている
特に南向きの斜面には小さな可愛らしい
花が沢山見られる
少し離れてカメラを向けてファインダーを
覗くとヒラタアブらしい小さなアブが蜜を
吸っている様だった
こんな小さな昆虫も結構逞しいようです
池の氷は日中も溶ける様子は無く
寒い一日でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

春から縁起が良い!

           Photo
今年初めての丘陵散策に出かけた
すっかり葉を落とした雑木林でノスリが
止まっているのを見つけた
ノスリは何度も飛んでいくのを見送っていたので
大喜びでカメラを向けた
枝かぶりの状態では枯れ葉の塊にしか見えない

           022
           025

大きく羽を広げたと思ったら羽音ひとつせずに
飛び立った
シジュウカラやスズメなどの小さな鳥でさえ
結構大きな羽音をさせるが猛禽類は
羽音をさせないで飛ぶ

           167
青空に弧を描き飛ぶのはオオタカ
今日は何度も目撃した
重いカメラに脚を付けたまま 持ち上げて
追いかけた

           193
大きなもみの木?の梢に止まっているのは
ノスリかと思ってカメラを向けた
肉眼では識別できないほどの距離です

           243
飛びました・・・・この時点でも何か分からなかった?

           252
デッキに降り立ったのはチョウゲンボウでした

           280
デッキから昆虫を捕まえて近くの枝に止まった
新春早々猛禽類を三種カメラに収める事が
できました
新しいカメラとレンズのデビューは幸先のいい
スタートが切れました
”幸運が続きますように”と優雅に白く羽を
光らせて飛ぶオオタカに願いを書けた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

試し撮り

          001
暮から帰って来ていた子供たちも帰って
干した布団を取り込んでいて足がぶつかり鉢植えが
転がり落ちた!
あろう事か其れがサボテンだったから大変
太い棘がグサリと足の甲に二本刺さった
靴下の上からだったのでそっと抜いて
無かった事にしたけれど・・・
当然サボテンは植木鉢から抜けないので
ハサミで切り取りゴミの中
何故か大きくなるばかりで一度も花をつけなかった
サボテンでした
今年は運がいいのか悪いのか?
新しいレンズを使って見たかったけれど
お出かけは出来なかったので自宅のベランダから
見えるヒマラヤスギを撮って見た
拡大してみると小さな虫が沢山飛んでいるのが
映し出されてびっくり!!

          007

表現力が今までのレンズとでは比べ物にならない?
種を撒いて出てきた野菜を撮って見た

          008
何だかはっきりしない画像・・そう思いながら
そんなものかと思っていたがやっぱり変?
で・・今年はカメラもレンズも買い換えた
やっと使い慣れてきたカメラだったのに
又一からやり直し
あ~~でもない こ~~でもない・・取り説が
愛読書に当分なりそうです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

新春を寿いで

        あけまして
         おめでとうございます


          140
新春の霊峰富士を御用意いたしました

          022
早咲きの梅も初春にふさわしく

          053
香りをお届けしたい水仙
          031
一富士二鷹・・・弧を描いて優雅に飛び上がっていった
オオタカも縁起物
子供たちが帰って来て 犬も帰って来て
とっても賑やかな暮からお正月になりました

今年もよろしくお願いいたします 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »