« せりの花の中で・・・ | トップページ | ゲンノショウコ »

2010年8月 1日 (日)

キツネノカミソリ

          025
お天気の安定を待っていて 出かけた
もうそろそろオオムラサキも終わりだろうと
思いながら ポイントを見上げると
二頭のオオムラサキとカナブンそして カブトムシが
お出迎えしてくれた 
最も嬉しいお出迎えです

          080
朝露の残った草原に 緑色に輝くヤマトシジミがいた
どの角度から撮っても 目で見たような美しい色が
出せなかった 
どのように撮ればいいのか誰か教えて!!

          088
今日は全てのポイントに複数のオオムラサキの
姿があった
撮影しているのを見て 声を掛けてきた男性がいたので
「オオムラサキです」と云うと駐車場まで戻って
大きな三脚とカメラを持って戻って見えた
「普段は鳥なんですけれど・・」と言いながら
撮影を始められた
私達は次のポイントに移動したが三脚を
据えた男性は熱心に撮影をされていた
別れ際に「私たちが居る所にはオオムラサキが
いますから」と告げて置いた
このポイントはキタテハが数頭 コムラサキが一頭
アカボシゴマダラも一頭 ほかにクロヒカゲ カブトムシ
等賑やかだった
このず~っと上にも複数のオオムラサキがいます

          285
もう少し見られる画像が無いの?
そうなんです・・・まだ全ての画像を見ていないので
何とも言えず・・です
中には戦場帰りの傷ついた戦士のような
痛手の大きな物もいます
右にいる小ぶりな雄も 翅は相当痛んでいるように
見えます

          201
忘れてはいけないのがオオスズメバチです
見ているとオオムラサキは カナブンや
ハエ等が近寄っても 少し翅を振るだけのようですが
オオスズメバチの場合は 大きく翅を広げて
追い払おうとするように見えた
それでも 樹液を吸うのはやめなかった

          098
暑いさなかに 自転車に乗ってお父さんと
小学低学年の男の子
どうやらカブトムシを探しに来たらしい
「カブトムシ沢山いたわよ」と云うと目の色が変わった
お父さんも本気の顔だった
もう 時期的に子孫は残しただろうからと
場所を教えたら喜んで親子は駆け去った
一時間も経った頃か 再び親子に会ったら
「カブトムシとノコギリクワガタがいた!」と
嬉しそうに報告してくれた
大人が振るう捕虫網と違い 子供が楽しむ位なら
なんと言うこともないだろう・・
良く似た面立ちの親子は 自転車で楽しげに走り去った

          082
          085
ゴイシシジミのポイントに行って見たが
今日は一頭も姿が無かった
慰めるように キツネノカミソリが咲き始めていた
傍には二本の蕾も上がってきていた
そろそろキツネノカミソリの咲く 夏真っ盛りです   

          

|

« せりの花の中で・・・ | トップページ | ゲンノショウコ »

コメント

 お父さんと一緒のカブトムシ探しは楽しそうです。
練馬区にいた中学一年の時、保谷の友人宅に
カブトムシとクワガタを捕りに行ったのを
思い出します。カブトムシを持った手を
蚊に刺されて腫れたのを我慢したことも。
昭和30年ころですから保谷も田舎でした。

投稿: 散輪坊 | 2010年8月 2日 (月) 06時02分

散輪坊さん
練馬も今では想像できないくらい
雑木林ばかりだったようですね
お父さんとのカブトムシ捕りは
楽しい思い出になるといいです
笑顔が思い出されます

投稿: あかね | 2010年8月 2日 (月) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70215/35983077

この記事へのトラックバック一覧です: キツネノカミソリ:

« せりの花の中で・・・ | トップページ | ゲンノショウコ »